腕や指にしびれが出るのは頚椎椎間板ヘルニアの典型的な症状

しびれ

頚椎椎間板ヘルニアは名前の通りヘルニアなので、軟骨が変形して神経を圧迫しているというのはよくわかると思いますが、椎間板ヘルニアと同じくなかなか治しにくいと言う現実があります。

 

特に腕や指にしびれがあるのなら結構症状が進んでいると思っていいと思います。症状がかなり進行していると手術での治療が必要になってくるので早めに対策をしたほうがいいと思います。

 

もし今やっている運動療法などがあまり効果がないようなら手術を検討したほうがいいかもしれませんね。そこは病院の先生と相談ということになると思います。

 

ちなみにそのままにしていても症状が悪化することはありますが、改善することはないので何かしら行動を起こすようにしたほうが言いと思います。

 

痛み止めなどで一時的に痛みを飛ばすことは出来るかもしれないですが、それはあくまでも一時しのぎにしかなりません。

痛み止めに頼り過ぎないようにしよう!

痛み止め

痛みが強くなってくるとどうしても痛み止めを服用すると思うのですが、それが常習化するようになってしまうのは良くないです。

 

痛み止めでは根本的な治療はできないので、あくまでも一時しのぎにしかなりません。ただ治療するまでのつなぎで痛み止めを使うことは悪いことではないです。

 

やはり頚椎ヘルニアの治療には時間がかかるので、それまでは痛み止めを使用するのもいいと思います。

 

ではそもそもどやって頚椎ヘルニアを治していけばいいのかわからないという人も多いと思います。自宅の近くに専門の病院があればそこに通うのがいいと思いますが、自宅の近くに専門の病院がないようなら、専門の治し方マニュアルを参考に治療を試みるといいと思います。

 

マニュアルと言っても、しっかりと専門家によるサポートがあるので、専門家に相談しながら治療を行うことができるのが特徴です。治し方の当てがないという場合には是非参考にしてみるといいと思います。