どういった場合に痛みがあるのか知ろう!

頚椎の痛み

 

頚椎ヘルニアや腰痛などでも同じことが言えるのですが、痛みの状況は人によって違ってきます。痛みの場所自体はそこまで大きく違うことはないのですが、痛みが出る状況というのは違ってきており、それによって有効なストレッチやエクササイズの方法が違ってくるので非常に大事です。

 

つまり痛みの状況によって、同じ頚椎ヘルニアのストレッチでも改善するものと悪化するものが出てくるということです。

 

それを知らずに何となくで頚椎ヘルニアに効果的だといわれているストレッチをやっても、痛みの状況を知らないと、効果がなかったり悪化したりする可能性があります。

 

頚椎の場合だと3つのタイプに分類することができるので下記をご覧ください。

頚椎椎間板ヘルニアの痛みの分類

頚椎の痛みの分類

 

まずは痛みの分類が大事だということを上記では説明したので下記のように3つのタイプに分けてみましょう!

 

後方改善タイプ

首を後に動かすことで改善するタイプになります。反対に前に動かすと痛みがあるという場合。

 

前方改善タイプ

首を前に動かすことで改善するタイプになります。反対に後に動かすと痛みがあるという場合。

 

側方改善タイプ

首を左右に動かしたり、首を回すことで改善するタイプになります。

 

簡単に分けると上記のような感じになります。

 

頚椎をどの方向に動かすと痛みが歩くなるのかと言うのばベースになっています。どういった場合に痛みが出てくるのかというのは、診断の基本にもなるので病院に行った際にも質問されると思います。

 

まずはしっかりと痛みの状況を自分で理解するようにしましょう。

 

ちなみに当サイトでは専門家による改善マニュアルを紹介しています。

 

下記から詳細をご覧ください。

 

頚椎の痛みを改善したいならこちらを参考に!