病院で頚椎ヘルニアはどのように治療する?

病院頚椎

 

頚椎での治療で病院から指示される治療としては、安静を保つ治療方法が一番多いと思います。

 

強い痛みがあって首の姿勢を保つのもつらいときにはあまり動かずにしているのがいいようです。そこで頚椎を支える「頚椎カラー」を使うことがあるようです。

 

頚椎カラーはいわゆる首に巻くようなコルセットみたいな感じでしょうかね。原理は腰痛の際に腰に巻くコルセットのような感じでしょうか。

 

他にも器具を用いた治療法法もあります。

 

首周辺を温めて血行を促進する温熱療法や、電気の刺激で痛みを軽減する電気治療法があります。他にも首を引っ張る牽引療法などがあります。

頚椎ヘルニアで痛みを止めるには?

頚椎注射

 

痛みが強い場合には病院から消炎鎮痛剤が処方されることがありますが、痛み止めは副作用があるので、あまり長期間の服用はしないほうがいいとされています。

 

そうは言ってもその処方された痛み止めが聞かない場合があります。

 

そういった場合には神経ブロック注射を行う場合があります。

 

神経ブロックは痛みの元になっている神経やその周辺に局所麻酔を注入して、痛みの刺激が神経に伝わるのをブロックする方法になります。

 

具体的には押すと痛い筋肉に直接注射する「トリガーポイントブロック」と脊髄の硬膜外腔に麻酔薬を入れる「硬膜外ブロック」、神経根に麻酔を注射する「神経根ブロック」などがあります。

 

神経ブロックは痛みを強力に抑える方法ですが、あくまでも対処療法なので治療効果はないです。感染等の副作用もあるので、あまり繰り返すべきものではないということを知っておきましょう。